blog

#17 

ハリウッドで俳優の勉強をしてきたキャスティング担当って?


2017.12.1
カテゴリ: 制作のヒミツ

こんにちは。
プロジェクトマネージャの樋口です。
 
今回はちょっと異色の弊社社員についてご紹介。
社員紹介なんてどうでもいいいや、ちょっと待って!
特に俳優さんとかモデル・プロダクションを考えている方、
キャスティングのちょっとした事情を知りたい方、必見です!
 
さて、ご紹介するのは、キャスティング担当の活野(いけの)です。「かつの」ってよく電話口で間違えられてます(本人は全然訂正しない)
 
弊社はWeb中心の動画制作事業の他にキャスティング、俳優プロダクション事業も行なっておりますが、
この両方を担っているのが活野でございます。
ただそれだけでなく、活野自身も実は、キャストの一人というなかなか異色な存在です。
 
このキャスト活野、
「困った時の活野」という異名がある?ほど活用度高し!です。
 
弊社の動画制作では実に様々な役柄が発生します。
中には、
ちょっとクセがある。
けっこうクセがある。
クセがすごい。
などなど。。
 
そんな時、この活野の登場です。
テニスで日本ランキングを取得した運動神経(13年前!)
教員もできる指導力(免許のみ!)
アメリカ留学の卓越した語学センス(3ヶ月!)
陶芸で培った繊細な指使い(1日体験!)
 
このアビリティを生かしてあらゆる役をこなします。
 
例えばこんな!

 
活野創

 
 
 
またはこんな!
 

 
活野創

 
 
 
さらにこんなのも!

 
活野創

 
 
 
・・・。
怪優?快優?壊優?
 
ちなみにですが、
ちゃんとした役もやってます!
 

活野創
 
活野創

 
さて、余談が長くなりましたが、この俳優出身の活野だからこその、
キャスティングや俳優マネージメントに非常に気が利くところを、今回は推したいのです!
 
よくオーディションの立会から、撮影現場の立会などこなしているようですが、
俳優が気持ちよく仕事をできるような配慮や、オーディションでの円滑な現場さばき、
撮影時の個々の俳優の入り時間の管理や、香盤でおかしい所があれば制作部と確認し交渉するなど
ぶっちゃけちょっと大変かなと思う部分まで、温和に、まるで仏の様な笑顔で対処しています。
というか、多分仏の生まれ変わりの一種です。
 
 
弊社ではプロダクションに登録していただける俳優・モデルさんを随時募集していますが、
この仏の活野が筆頭となってお助けしていきますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
 
活野本人も過去には大手事務所に所属していたり、
ハリウッド留学で現地のハリウッド俳優の常識や作法を学んだり、
主演映画が映画祭でグランプリを獲ったりしているので、
経験豊富な彼になんでもご相談下さい。
 
今日はキャスティング担当活野のご紹介でした。

滝本重之
 ライター:樋口大二(プロジェクトマネージャ)