MOVIE IMPACT

動画広告運用

 

弊社で制作した動画をYouTube、Facebookなどを活用した動画広告の運用代行も行っています。
配信レポートの制作、PDCAによる配信や動画クリエイティブの改善、今後の対策のご提案、既視聴者のリマーケティングリストも溜まりますので、GDN広告との併用にも効果的です。

料金


広告出稿費の20%が弊社の手数料になります。

(金額により応相談)

動画広告は作っただけでは観てもらえない


今や、オンライン動画広告も戦国時代。動画を作ってアップするだけでは中々ユーザーに届かないのが現状です。
そこでYouTubeを利用するTrueView広告やFacebook動画広告を活用し、積極的に展開しています。より効果の高いクリエイティブはどういうものか、動画広告の評価をいかに行えば良いのか。観て欲しい層に届けるにはどのような設定が効果的か。弊社に蓄積されたノウハウを生かし、運用いたします。
 
低価格でもスタートできます。1日の費用上限、1ヶ月の上限などもご指定通りにコントロールできます。 エリア指定、性別、時間帯、年齢層などのセグメントわけも簡単に行うことができます。1月に1回レポートを提出。クリエイティブごとのABテストも対応いたします。

動画の視聴回数を増やすには?動画広告、安く運用するコツ。


YouTubeのTrueView、広告が5秒間表示されたあと、スキップボタンが表示されます。料金は広告が30秒間再生された場合のみ発生します。30秒未満の広告は最後まで再生された場合のみ発生します。注目すべきは29秒以下の視聴なら無料ということ。(強制視聴広告やバンパーなど除く)
インプレッションだけを考えると、とても魅力的です。一方Facebookは3秒視聴で課金されていましたが、最近は10秒視聴課金に移り変わってきています。
つまり、動画を見る時間を重要視し始めているということです。FacebookもYouTubeも安く運用するための対策として、最も効果的なのが視聴率の維持です。
たしかにTrueViewは29秒まで無料ですが、途中離脱が多いと動画の評価が下がってしまいます。すると1視聴あたりの単価が跳ね上がってしまうことに。安く運用するには「長く見られる」面白い動画であることが非常に重要になってきました。

効果的な動画の作り方。3秒でツカミはOK?


清風予備校
Web動画広告は映像の冒頭で視聴者のハートを鷲掴みにする必要があります。 重要なポイントをすぐに見せたり、「おや?」と思わせる工夫が大事です。驚きの3秒でインパクトを残しましょう!  テレビと違い、動画広告は運用費がとても安いのが特徴です。 しかも透明性が高いので、費用対効果が一目でわかります。YouTubeやFacebookの場合、動画1視聴にかかる経費は5〜10円。動画で訴求してこの値段はかなり安いと言えるでしょう。 たとえば、直接販売を増やしたい、HPへの流入を増やしたい、Facebookのファンを増やしたい、ブランドを訴求したい、サービスを詳しく伝えたいなどなどKPIを様々な角度で考え、配信していきます。

動画広告運用代行


詳しくは、お気軽にお問い合わせください。
サンプル映像や各サービスの料金などご連絡致します。
※オプションを使う場合は別途費用がかかることがあります。