#48 

タレントのマネージャーの仕事って?中国雲南出身の芸能マネージャーが伝えたいこと。


2018.9.28
カテゴリ: 制作のヒミツ

ニーハオ、初めまして。
中国雲南省出身、ムービーインパクトのキャスティング兼マネージャー担当の、田 思雨(デン シウ)と申します。中国出身って言ってもほぼタイですので、中国に詳しくはないです(笑)。
名前の「思雨」は「雨を思う」という意味で両親からこの名前を付けてもらいました。ムービーインパクトのFacebookで現れた赤髪のやつの正体は私です。
就職のため一時期黒染めしたが、最近染め直しましたので、よろしくお願いいたします!
 
大学院の卒業展示とか何とかで色々縛られ、新卒ですが就職時期がズレて6月から入社し、3ヶ月経て、現在はキャスティング部門の仕事を学んでいますが、マネージャーのお仕事も少しつづ動き始めています。
  
 

今年、3年ぶりに実家に戻った時撮った写真です。
ご飯食べる時に行ったお店の中庭です。

 
 
何でマネージャー職を選んだの?とよく友だちに聞かれますが、私が日本に来たきっかけが、小さい頃から歌うことが好きでよくステージに立って歌っていましたが、喉が潰れて音程がだいぶ低い曲しか歌えなくなりました。
それで、自分はもうステージに立つことが出来ないだろうけど、エンターテイメントの国日本でステージに立つために努力する人々を、何とか支えたいと思ったからです。(とはいえ、今もバンドのドラマーとしてステージに堂々と立っているんだけどねw)
 
 
 

 
タイ風寺院の中の休憩スポット。あずまや?的なところです。
[雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州景洪市]
 

 
さて、マネージャーってただの付き人じゃん、とか、正直私も昔そう思っていました。
自分が担当しているタレントさんのケアをしたり、飲み物を渡したり、カバンや荷物を持ってあげたり、必要な時は運転手になったりボディーガードになったり?
 
例えば、こんな感じでしょうか。

 
 
 
まだそう思っているあなた、古すぎます!
 
語源として、マネージャー(manager)は支配人や管理者の意味で、スポーツ界では監督の意味もあるのだそうです(現在だとコーチって呼ばれることが多いけど)。
つまり、自分が担当しているタレントさんたちをどう売り込むか、それぞれの個性や才能を把握して、それぞれに合う分野をみつけたりだとか、大雑把にいうと、タレントの後ろで”支える人”です。
もちろん飲み物を渡したり、荷物を持ってあげたりとかもするけど(結局するのかい!)、タレントのベビーシッターと思われたらそれは大間違いですよ。
 
担当分野によって、マネージャーが把握しなければならない知識と技術も違い、例えばアーティストのマネージャーだと、楽器のチューニングやセッティングをする必要な場合もあり、スポーツ選手のマネージャーだと、怪我の応急処置とか専門機材の扱い方も知らないといけません。また、タレントさんも普通の人間なので、心細くなった時に相談に乗ったり、アドバイザー役とかサイコセラピスト役になったり…そう見ると、スーパーヒーロー的な存在かもしれません(笑)。
 
自分的には、マネージャーはドラえもんみたいな存在だと思います。全てのことを任せといて楽になるためのロボットではなく、助っ人であり信頼できる仲間です。
 
まあこんな感じかな

 
 

おっと、間違いました、こちらですw
 

 
 
さて、浅い説明で恐縮ですが、マネージャーの話はいかがでしたでしょうか?
 
私はまだまだ強力なマネージャーになるため自分を磨いておりますが、こんな仲間(マネージャー)が欲しいって思っているタレントさん、俳優さん、まだ弊社に登録していない方はぜひ 、お気軽にご連絡くださいませ。
 
これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

田思雨
 ライター:田思雨(キャスティング兼マネージャー)