10人に1人が収益化できる!国民の半分がYouTubeチャンネルを持つ時代!?

2022.04.13

市原 悠

タイトル通りなんですが、ファストマーケティングさんのブログにて、興味深い情報を拝見しました!

なんと個人のYouTubeチャンネルを、今や半数以上の人が持っているそうなんです。

さらにさらに、アカウント所有者のうち10%の人が収入を得られているそう。記事にもありますが、10%って意外とすごい数字じゃないですか?

ちなみに弊社も自社チャンネルでコントとかお役立ち情報発信してますが、ちょっとずつでもちゃんと伸びてます!

そもそもYouTubeを収益化する条件が、

・チャンネル登録1000人以上
・公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上

他にも色々ありますが、基本的にまずこれだけ視聴者を集めなければいけません!数字だけ見るとなかなかハードルが高そう!

でもそれをクリアして、かつ収益化できている人が10人に1人というのも驚きです。収益化の金額はともかく、案外できるかも!って思いますよね。(なんだか怪しい情報商材の記事みたいになってしまった笑)

私の友人にも、2年前に始めて、登録者数千人になっている人もいます。
地道に得意なことや好きなことを動画にしていくのが、ライフワークというか、当たり前になっている気がします。

若い人だけでなく、これからどんどんYouTubeをみる世代が、年を重ねて広がり、しかも退職後などの方が余暇時間も長いことを考えると、そういったユーザー層にも刺さるコンテンツなどあれば、伸びる気もしますね。

「退職後に〇〇はじめた」とか最近ありますし、「年金だけで節約暮らし」とか「老後あるある」、とかも共感できていいかも!?

なお、90歳でゲーム実況YouTubeで稼ぐ猛者もいらっしゃいます笑
Gamer Grandma


息を吸うように個人がコンテンツを作って出せる時代に、さぁあなたは何をしますか!?

Photo by Javier Miranda on Unsplash


PAGE TOP