泣ける動画広告「娘の気持ち」篇


エレクトロラックス・ジャパン株式会社様

キャスト:手島実優 島英臣

企画・監督・脚本:市原悠

録音:田村専一

制作:森克行

ヘア&メイク:大原佐智

制作期間:2ヶ月

公開先:Web

エレクトロラックス様が運営するコインランドリー、ecoLux Laundryのブランディング広告を制作しました。家事の負担軽減や、プロ用のコインランドリーのマシンにしかできない仕上がり、近年ではおしゃれになってきてたコインランドリーの空間など、その優位性を伝え、コインランドリーを身近に使ってもらおうという狙いです。

ネット上で感動する動画として注目を集め、オーガニック再生だけで50万回近い再生数になっています。

 

洗濯物を干す父

洗濯物を干している父親。

 

そこへ娘がやってくる。

娘「なんで一緒に洗ってんの!」

 

娘「やめてよ!」

 

娘は父から洗濯物を奪い立ち去る。

 

悲しそうな目をする父。

父・ナレーション「娘を育てるのは難しい」

 

夜、帰宅する娘。

 

 

父「飯、できてるぞ」

なぜか泣いている娘。

 

父ナレーション「気難しくて何も言わない」

 

形は決してよくないおにぎり。

 

娘の部屋のドアの前に立ち、中へ声をかける。

父「おい、フラれたのか?」

 

中からドアに物が投げつけられ、ビクッとする父。

 

ベッドに横たわる娘。

 

娘は泣いている。

 

枕が娘の涙で濡れている。

 

娘「私の布団は?」

 

父「あ、布団と枕、今コインランドリーで洗ってきたから」

娘「なんで勝手に部屋入ってんの。やめてよ。まじきもい。」

落胆する父。
父「ああ…すまん…」

 

コインランドリーで洗った布団や枕を取り出している父。

 

明るくておしゃれなコインランドリー。

 

部屋の前に布団一式が置いてある。

 

ドアを開けた娘が布団に気がつく。

 

布団の上には「泣きたい時は泣きなさい」と手書きのメモ。

 

布団を敷く娘。

 

洗いたての布団に入り、柔らかい枕を下にし何かを思う娘。

 

翌朝、洗濯物を干している父。

 

やってきた娘に対し、

父「おう。今日は別々に洗ってあるから…」

 

娘「一緒に洗っていいから」

 

不思議そうな顔の父。

 

娘「じゃあ、行ってきます」

 

笑顔になる父。

父・ナレーション「娘を育てるのは難しい」

 

テロップ「洗濯は、愛情です。」

 

テロップ「コインランドリーは ecoLux Laundry」

PAGE TOP