Q.映像の60フレームはダサいのか?

2024.04.18

スタッフ

Q.映像の60フレームはダサいのか?

A.60フレームが悪いわけではありません。

映画の戦闘シーンを60フレームにしたところ、視覚効果が薄れリアリティが増してしまい、まるで遊んでいるように見えてしまうことがあります。

しかし、肉眼で見る映像に近い60フレームの方が推しのアイドルの映像などではリアルなものを感じることができて良い場合もあります。

映像の60フレームはダサいのか?の動画はこちらからどうぞ!

@movieimpact_official

3_60fpsはダサい?動画と映画のフレームの違い

♬ オリジナル楽曲 – movieimpact_official – movieimpact_official

AIを使ってスターウォーズ『ファントム・メナス』の映像を60フレームにしたところ、めちゃくちゃダサいと話題になったことがあります。

これは60フレームが悪いわけではありません。

通常、映像は1秒間に30フレームの絵を連続して表示しています。

映画ではそれより少ない1秒間あたり24フレームが一般的です。

これにより、少しカクカクした感じで視覚的な効果が生まれます。

しかし、60フレームになると動きが滑らかになりすぎて、戦闘シーンが遊んでいるように見えてしまい、視覚効果が薄れるためリアリティが増してしまうのです。

映画俳優のトム・クルーズは「映像が安っぽくなるから映画を観るならTVのフレーム補間機能をオフに」と呼掛けています。

最近のテレビはフレームとフレームの間に補完フレームを生成・挿入し、動きをより滑らかに見せる機能を備えるものがありますが、スポーツ中継などでは躍動感ある映像を作り出してくれる一方で映画を観る際には悪影響を及ぼすと言われています。

ただし、アイドルの推しなどリアルな感覚を求める場合には、肉眼で見る映像に近くなるので60フレームの方が心に響くかもしれません。

心揺さぶる動画制作はムービーインパクトにお任せください!

PAGE TOP