Q.困る質問「アニメーションできますか?」とは?

2024.04.22

スタッフ

Q.困る質問「アニメーションできますか?」とは?

A.アニメーションと呼ばれているものには多くの種類があり、認識のずれが生じることがあります。

「2Dアニメーションできますか?」「モーショングラフィックスできますか?」「3DCGできますか?」などと分けたほうが良いです。

それぞれ作り手が違いますので、質問は具体的にすることが重要です。

困る質問「アニメーションできますか?」の動画はこちら!

映像制作会社が困る質問の一つに「アニメーションできますか?」があります。

「アニメーション」と呼ばれているものには多くの種類があるためです。

例えば、テレビのアニメのような「2Dアニメーション」は、一枚ずつ絵を描いて、それを連続して動かす手法です。

一方、物体が右から左に動いたり、文字がドワーンと出てきたり、何かがキラキラと光ったりするものは、「モーショングラフィックス」と呼ばれます。

さらに、「CG(コンピューター・グラフィックス)できますか?」という質問もいただきますが、これもややこしいです。

CGと聞いて我々が聞いて思い浮かぶのは、「3DCG」のことです。

まとめますと、「2Dアニメーションできますか?」「モーショングラフィックスできますか?」「3DCGできますか?」と具体的に分けて質問することが重要です。

それぞれの分野には専門のクリエイターがいて、技術や制作過程が異なるためです。

具体的な質問をすることで、求めているものに最適なサービスを提供することができます。

ぜひご依頼の際にはどんなアニメーションが必要かイメージしてみてください!

PAGE TOP