Q.動画広告の予算の決め方を教えて!

2024.05.18

スタッフ

Q.動画広告の予算の決め方を教えて!

A.

まずは広告の目的に合わせて予算を決めましょう!

大体売り上げの2%から10%ぐらいを目安に、ブランド認知アップ、売上を上げるためのセールス動画の二種類が想定されます。

《 売上÷広告×100 》広告費の回収費ROASを計算したりなど、動画広告の予算を決める際には全体の広告予算をしっかりと考えることが重要です。

動画広告の予算の決め方を教えて!の動画はこちらからどうぞ!

1. 全体予算の設定

広告予算は、通常、売上の2%〜10%程度が目安です。この範囲内で全体の広告費を決め、その中から動画広告にどれくらい割り当てるかを考えます。

2. 目的別の予算配分

動画広告には大きく分けて以下の2種類があります。

  • ブランド認知アップ:企業や製品の認知度を高めるための動画
  • 売上アップ:直接的なセールスを目指す動画

この2つの目的に応じて、予算を分けて考えることが重要です。

3. 具体例と計算

例えば、化粧品業界では広告を増やすことで売上が上がることがよくあります。この場合、まず認知拡大のためのCMを作り、ブランドの認知度を上げることが先決です。その後、売上アップを目指す動画広告を展開し、商品の特長やメリットを訴求します。

4. 効果測定と調整

広告費用の回収率(ROAS:Return On Advertising Spend)を計算し、効果を測定します。計算式は以下の通りです: ROAS=売上広告費×100ROAS=広告費売上​×100 この値を参考にしながら、予算を調整していきます。

動画広告の予算設定は、全体の広告予算の中でバランスを取りながら、目的に応じた配分を行うことが大切です。効果測定をしっかり行い、PDCAサイクルを回して最適な予算配分を見つけてみてくださいね!

PAGE TOP